高校生の皆様へ

練習見学受付

駒澤大学吹奏楽部では高校吹奏楽部との合同練習や練習見学の申込をお待ちしております。
当部の行事予定と調整し、可能な限り対応させていただきますので、まずはご相談ください。

駒澤大学吹奏楽部パンフレット

Q & A

週にどのくらい練習するのでしょうか。
基本的に毎日練習を行っており、不定期にオフが入ります。練習時間は、平日16:40-20:00、土曜日14:30-20:00、日曜祝日は11:00-18:00となっています。授業による部活動への遅刻は認めています。
練習はどこで行われているのでしょうか。
普段は玉川キャンパス403教場にて練習を行っています。各種本番前には、駒沢キャンパスの記念講堂にてホール練習を行います。
主な練習内容を教えて下さい。
各種演奏会やコンクール前は、先生方の合奏やセクション練習を行います。その他の時期は基礎力アップに努め、学生主体で基礎合奏やドリル練習を行います。また近年は室内楽や合唱などのも練習メニューに取り入れています。
演奏会はどのくらいありますか。
6月に行われるサマーコンサートと、12月に行われる定期演奏会の2つを中心としています。春の時期にもいくつか演奏会があり、依頼演奏も年20回ほどお受けしています。
指導者について教えてください。
当部では音楽監督の指導の下、学生主体で練習メニューを組んでいます。この他、各パートにはそれぞれの講師をお迎えしてレッスンなどを受けています。
ドリルは全員参加でしょうか。
ドリル演奏も当部の重要な活動のひとつですので、全員参加となります。駒澤大学吹奏楽部のドリルはカレッジスタイルを取り入れていますので、ほぼ全員が初心者からのスタートとなります。
自分の楽器を持っていないといけないのでしょうか。
部で所有している楽器をお貸しいたします。入部するにあたって楽器の所有の有無は問いません。
担当楽器はどのように決めるのでしょうか。
まずは本人の希望を伺います。人数などの事情からコンバートが必要となった場合は、本人としっかり話し合った上で調整しています。
初心者でも入部できますか。
楽器の経験の有無は問いません。これまでも初心者の方やブランクのある方などが何名か入部されます。
仮入部はできますか。
毎年4月の中旬に行われる承認式をもって、当部の正式な部員となります。それ以前であればいつでも練習の見学をすることができます。新入生だけでなく2年生以上の途中入部も歓迎しています。
部活動を行う上でどのくらい費用がかかりますか。
当部の部費は月々3,000円となっています。また入部後に必要なもの(部の制服など)の購入や、各種演奏会の際に個人負担金を徴収する場合があります。
オフはどのくらいありますか。
その年の活動により、日数や時期は異なります。基本的に大きな本番が終わった後は目安として3日ほどオフが入ります。
部の雰囲気はどうですか。
当部は「常に誠実でつつましくそして情熱をもって」という部訓のもと、日々活動しています。人としての成長も重要事項と考えており、礼儀をわきまえた上で、仲良く部活動に取り組んでいます。
教員免許を取ることは可能でしょうか。
教職課程と部活動との両立はとても大変になると思いますが、4年間で教員免許を取得して卒業された方もいます。
アルバイトは可能でしょうか。
部活動以外の時間を有効に使ってアルバイトをしている部員もいます。
法学部法律学科フレックスBの学生も入部できますか。
入部できます。
他大学生は入部できますか。
申し訳ございませんが、当部は駒澤大学に在籍する学生のみで活動しています。他大学の学生の入部は認めていません。

この他にご不明な点やご質問がございましたら、お問い合わせください。